任意整理を理解する


債務整理は債務者すなわち借金問題を抱える側の、経済状態や返済能力などから、幾つかの選択肢の中からベストと判断される方法を選択の上、所定の手続きに沿って進められます。

この選択からの判断を債務者自身が独断で下す事は難しく、何より誤まった選択から債務整理に着手してしまうと、借金問題解決どころか、更に将来の自身の立場を窮地へと誘ってしまい兼ねず、やはり専門家である弁護士との面談から、相談者自身がその内容を理解納得の上で、最終選択を下さねばなりません。

私達が目や耳にする「自己破産」は、それら選択肢の中の最終手段であり、万策を講じても債務履行が叶わないと判断された際の債務整理方法です。

対して一般的に視野に入る選択肢が「任意整理」です。これは利息や遅延損害金などをカットから、借入元金総額だけを3~5年間で分割返済する事で、債権者に元金だけは全額返済する形での和解を求める方法です。専門用語で「割り戻し」と表現される返済金額の算出など、専門家である弁護士の力添えが欠かせず、債権者への和解交渉も含め、対応を一任する形での着手が求められます。無料相談の結果、元金だけの返済であれば可能との判断に及べば、自ずと任意整理が借金問題解決策として浮上します。

債務整理の重要性


いわゆる借金問題すなわち債務不履行状態に陥ってしまった時点で、当事者すなわち弁護士に相談を持ち掛けている側には、元来の返済計画をこれ以上遂行する返済能力が見当たりません。結果返済が滞る中、所定の遅延損害金がダルマ式に膨れ上がり加算され、日々状況の悪化が続いてしまう、これが借金問題に共通する展開です。

ですが債務不履行は債務者側のみならず、債権者にとっても金銭面のダメージが否めません。貸付金額の回収が叶わず自己破産されてしまえば、端的な表現を用いれば「貸し倒れ」となってしまい、元本だけでも回収したいのが偽らざるところです。この双方にとってのデメリットを視野に入れ、双方の和解すなわち妥協点を見出す作業もまた、債務整理において非常に重要なポイントです。

但しこの時点で既に、債務者は債権者からの信用を完全に失っている状況であり、当事者間での和解折衝は困難を極めて当然です。だからこそ専門家である弁護士を介し、債務整理を進める選択を、僅かでも早く決心から実践する姿勢が求められるのです。

その第一段階として、まずは弁護士への相談が欠かせず、無料相談という格好の機会を逃がしてはなりません。債務整理着手は1分1秒でも早い初動、これが鉄則です。

弁護士への無料相談


今日全国各地の弁護士事務所が実施している無料相談サービスには、さまざまなトラブルを抱えて解決の糸口が見当たらぬ相談者で賑わっています。そして相談内容の中でもやはり大きな比率を占めているのが借金問題で、多くの方々が放置を続けてしまった結果、自らを窮地へと誘ってしまっている事例が少なくありません。

一昔前はどこかしら後ろめたいイメージが根強かった、金融業者からお金を借りるという行為も、キャッシングサービスなる総称が定着から、便利手軽なサービスと市民権を得るに至り、利用者は今この瞬間も増加を続けています。各金融業者も新規利用者開拓に余念が無く、初めての利用者への無金利融資、更には主婦や学生でも利用可能なサービスの実施など、お金を借りるという行為は間違いなく、簡単かつ身近となっています。

ですがここで絶対に忘れてはならないのが、第三者から借りたお金は、返済期日までに所定の利息を添えて返さねばならないという「鉄則」です。この返済のために新たな借入を起こし、やがてお金が回らなくなってしまう展開が、借金問題が深刻化してしまう定番中の定番です。「自転車操業」なる言葉の意味とそのリスクを重々承知しつつ、いつしか自らがその当事者となってしまうのもまた、借金問題の恐ろしい部分です。

ここでは既に自身では解決の糸口が導き出せず、弁護士の無料相談を利用せねばならない方々に向け、債務整理という作業に関する基礎知識、そしてその方法の1つである任意整理に焦点を合わせ、ご一緒に検証作業を進めてみたいと思います。